<スポンサードリンク>

2011年03月28日

小児喘息の特有の症状

一般に喘息とは、空気の通り道である気道が炎症を起こして、咳が出たり、息苦しくなったりしてしまう病気です。
最初はかわいた「コンコン」という咳なのですが、悪化してくると咳が激しくなり、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」というような、聞いているだけでも苦しくなってくるような呼吸の音がするようになります。
それで小児特有の喘息を小児喘息と呼んでいることは周知のとおりですね。
小児喘息の数は年々増えており、発作を起こすと呼吸困難になることもあり、気をつけておきたい病気の1つです。
小児喘息の原因のほとんどはアレルギーによるもので、ハウスダストやカビ、ペットの毛、花粉などに対するアレルギーがあります。
子供の喘息には「喘息には水泳が良い」と聞いたことがありますでしょうか。
何とかして治してあげたいと思い、スイミングに通わせているお父さんやお母さんも多いのではないでしょうか。
結論から言うと運動して筋力をアップさせておけば、発作の回数を少なくし、発作が起きても軽症に済ませることができます。
水泳という運動する環境も、小児喘息を持っている子供に適していると言えると思います。

・・・・

<スポンサードリンク>


posted by 子育て奮闘記 at 08:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小児喘息は大人のものとは違います

小児喘息は大人のものとは病態が違い、その原因のほとんどはアレルギーによるものです。
ハウスダスト、カビ、ダニ、花粉、食べ物、動物の毛などにアレルギー反応を示している子供が多く、喘息の症状が起こった時には、血液検査をして、アレルギーの有無、どのようなものにアレルギー反応があるのかを調べる必要があります。
また、子供が小児喘息の発作を起こしやすい状況をしっかり把握しておき、発作を起こす前に、ある程度の対策をしておくことが大切です。
小児喘息の発作が起こってしまった時に、お家でのケアの仕方も覚えておきましょう。
最近は、小児喘息を起こす子供の数が増えており、2歳までに60%、6歳までに90%の確率で起こると言われており、男の子の方が喘息を起こしやすいようで、全体的にみると、女の子の2倍の数になっています。

これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。


前節でも触れましたが小児喘息を改善するために行う「水泳」の良いところは、やはり身体が鍛えられるという点です。
水の中で歩くだけでも、十分に全身運動になると言われていますね。
特に、運動した後に喘息の発作が起こりやすい運動誘発喘息の子供には、身体を鍛えておくことは大切です。


・・・・
posted by 子育て奮闘記 at 08:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小児喘息 症状の中で

そうはいっても小児喘息の発作が起きるとお子さんはとても苦しそうで親御さんとしても本当に心配ですよね。
原因が分かったら、それを取り除いてやることで、症状を軽くし、発作の回数を減らすことができます。
ほこりやダニの原因となるじゅうたんを取り除いたり、ぬいぐるみや観葉植物をこまめに掃除したり、動物の毛に反応している場合は、ペットを飼うことを控えたりと、できる限りのことをして喘息に対処しましょう。
また、運動して身体を鍛えることは確かに大切なのですが、運動もやり方を間違えると、かえって悪影響を及ぼしてしまいます。
たとえば、寒くて乾燥している場所での運動は、発作を起こしてしまう場合もあります。
その子供によって、喘息を起こしやすい環境は違ってきますが小児喘息の発作を引き起こす誘因となるものにはおおまかにいうと以下のような事があります。
・風邪をひいている時
・激しい運動をした後
・排気ガスやタバコの煙、エアースプレーを吸った時
・ストレスを感じた時
・季節の変わり目は、天気の変化
・薬

それと、小児喘息の発作がひどくなると呼吸ができなくなることもあるのでその場合はすぐに受診する必要があります。
ただ、このようにつらい賞に喘息ですが、大きくなるにつれて症状は軽くなっていくことが多いです。
女の子は小学校の高学年で、男の子は中学2年頃に治ってくる子供が多く、中学時代には半数の子供が治ると一般的にはいわれています。

・・・・

<スポンサードリンク>


タグ:小児喘息
posted by 子育て奮闘記 at 08:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。