<スポンサードリンク>

2011年03月28日

小児喘息の特有の症状

一般に喘息とは、空気の通り道である気道が炎症を起こして、咳が出たり、息苦しくなったりしてしまう病気です。
最初はかわいた「コンコン」という咳なのですが、悪化してくると咳が激しくなり、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」というような、聞いているだけでも苦しくなってくるような呼吸の音がするようになります。
それで小児特有の喘息を小児喘息と呼んでいることは周知のとおりですね。
小児喘息の数は年々増えており、発作を起こすと呼吸困難になることもあり、気をつけておきたい病気の1つです。
小児喘息の原因のほとんどはアレルギーによるもので、ハウスダストやカビ、ペットの毛、花粉などに対するアレルギーがあります。
子供の喘息には「喘息には水泳が良い」と聞いたことがありますでしょうか。
何とかして治してあげたいと思い、スイミングに通わせているお父さんやお母さんも多いのではないでしょうか。
結論から言うと運動して筋力をアップさせておけば、発作の回数を少なくし、発作が起きても軽症に済ませることができます。
水泳という運動する環境も、小児喘息を持っている子供に適していると言えると思います。

・・・・

<スポンサードリンク>


posted by 子育て奮闘記 at 08:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。